食品産業におけるHACCPとは何ですか?また、手指衛生とどのように関連していますか?

食品産業におけるHACCPとは何ですか?また、手指衛生とどのように関連していますか?

HACCPはHazard Analysis Critical Control Pointの略で、原料/収穫から完成品に至る食品の安全性を特定、評価、制御する方法のガイドラインを提供します。これには、フードチェーンでの生産、購入、取り扱い、製造、流通が含まれます。 (HACCPの詳細については、FDAのWebサイトを参照してください。)
ただし、HACCPシステムを実装する前であっても、満たす必要がある前提条件プログラムがあります。 ご想像のとおり、最も重要な要件の1つは個人衛生です。これは、スタッフがどのように手を洗って乾かすかという重要性に関連しています。 したがって、自動衛生製品(例:自動蛇口、自動ソープディスペンサー、自動ハンドドライヤー)は、上記の手順で使用することがさらに推奨されます。これは、装置に触れることで清潔な手を再汚染しないようにするためです。
さらに、アルコール消毒剤を使用した手洗浄プロセスの最後に、さらに多くの企業が追加のステップを追加しています。 ただし、スプレー、フォーム、ジェルの形式に関係なく、消毒剤には少なくとも60%のアルコールが含まれている必要があります。これは、手にある細菌の数を減らすのに効果的です。 さらに、従来のマニュアルよりも自動消毒が推奨されます。
また、使い捨て手袋はスタッフに提供する必要があり、頻繁に交換するか、別の種類の食品を生産するときに交換する必要があります。

メニュー

ベストセール

Hokwang食品産業におけるHACCPとは何ですか?また、手指衛生とどのように関連していますか? 前書き

Hokwang Industries Co., Ltd.は、バスルーム製品産業の台湾のサプライヤーおよびメーカーです。 Hokwangは、1996年以来、高品質のハンドドライヤー、石鹸ディスペンサー、蛇口、フラッシュバルブ、高速ハンドドライヤー、自動石鹸ディスペンサー、自動蛇口、自動フラッシュバルブ、カスタマイズされたハンドドライヤーをお客様に提供してきました。 Hokwang常に各顧客の需要を満たすようにします。